不動産投資とは何か

最近以前よりもずっと、不動産投資という言葉を聞くようになりました。

不動産投資というのはその言葉通り、不動産に対して投資するという事です。

投資というのは何かの利益を得るために自分のお金をその利益のために利用するという事で、この場合利益は不覚的なものです。

投資する、イコール、利益とならないのが投資です。

一般的に投資というと、多くの方は株式投資を思い浮かべるかもしれません。

株式投資は投資する企業の業績が向上した場合に、株を保有していると企業が得た利益分、配当金として分配してもらえるというものです。

一番高く売れる時に売買すれば、当然利益が発生しますし、購入した時よりも安い金額で売った場合、マイナスという事になります。

もしも企業が何らかの理由で倒産などした場合、当然、株券は紙切れ同然となり価値が全くなくなります。

株式投資ではなく不動産投資というのは何かというと、利益を得る事を目的としてマンションや一戸建て、また土地を購入するというもので、マンション等を購入し、家賃収入によって不労所得を得る、物件の価値が上がった時に売却しもうけを出すなど、不動産を利用して利益を得るための手段です。

▼参考ページ=>不動産投資のGlobal Homes

但し、投資ですから儲けるという保障もありませんし、家賃がしっかり集まるだけの賃貸希望者がいるかどうかもわかりません。

しかし、このほかの商品と比較して、不動産投資は堅実な方法、成功例も多いということで知られています。

これから不動産投資を行ってみたいという方は、まず投資という事について深く理解しておくことが重要でしょう。